会長日記 夏のウイーン

2016-07-25

今年の1月に訪れた冬のウイーンと街の様子を比べたくて、今度は夏のウイーンに行きました。今回は宿と航空券を予約し、あとは自由に過ごそうと決めた旅です。 ウイーンの夏はどこも緑にあふれていて冬とは全く様子が違いました。また、この短い夏を満喫するためか、レストランはオープンテラスを設け、客は店内よりも外のテーブルを好み、実際、外の席が上席のようです。座って冷えた白ワインを1杯飲めば、いつまでも留まりたい気分になるのが不思議でした。

ところで相変わらず私はドイツ語が分かりません。けれど何とか自力で地下鉄やバスに乗って動こうと決め、思い切ってザルツブルグ行きにも挑戦しました。ザルツブルク中央駅から8時半発の特急に乗って2時間余り、車窓の景色に見とれながら着いたザルツは「サウンドオブミュージック」の舞台です。懐かしい映画を思い出しながらロケ地を回り、モーツアルトの生家では大作曲家を身近に感じ、勢いで小高い丘の上にそびえる城塞に登り上からの景色に絶賛、そして教会の天井画の美しさにしばらく天井を見つめていました。夏に開催されるザルツブルグ音楽祭の前だったので観光客もそれほど多くなく、思い切り楽しめた2日間の旅でした。

さて、ウイーンは音楽の都、王宮の礼拝堂で日曜ミサにウイーンフィルとウイーン少年合唱団が演奏するというので知人にチケットを頼みました。

厳かに始まったミサは言葉が分からない私も気持が穏やかになり心地よく、そして天上のバルコニーから響き渡るウイーン少年合唱団のミサ曲は圧倒的な清らかさで、まさしく天使の声でした。荘厳なミサが終わり外に出ると、馬車が中庭に何台も止まっていました。

王宮と馬車は本当によく似合います。そういえば、ウイーン市内ではこの馬車のスピードに全ての乗り物は合わせていて道路をゆったり走る馬車の後にタクシーやバスが連なっている光景を何度も見ました。信号も少なく道路も歩行者が絶対に優先、人が歩けば車は必ず止まりました。 ニュースを見ると、いまヨーロッパの各地でテロが起り、世界中を不安にさせていますが、ウイーン市内では特別な警戒はありませんでした。いつまでも続くテロの脅威を何とか平和的に解決がされ、どこにでも自由に旅ができるようになってほしいと願いました。

平成28年7月24日
日本橋そばの会
会長 横田節子

Copyright© nihonbashi-soba.org All Rights Reserved.

日本橋そばの會